Project

General

Profile

人を賢くする道具

人を賢くする道具
D.A. ノーマン

日本語版の読者へ

今こそ、日常を生きている人間の側が、コントロールの主体となるべき時である。目標は高いところにある。すなわち、我々が、我々の生み出した機械仕掛けのあるいは電子式の道具とより調和のとれたやり取りができるようになること、である。機械が、人間のニーズに自らを適応させなければいけない。今はまだ、人間の側が、機械の気まぐれにつきあわなければならないことがあまりに多すぎるのである。