Project

General

Profile

企業内人材育成入門

企業内人材育成入門
中原 淳

学び方にもいろいろある

行動主義 - 簡単なものから難しい問題へ、問題はスモールステップで構成されていなければならない。回答が出たら、即時に「フィードバック」を返すことで、「刺激と反応の組み合わせ」がアタマの中に構成される。
認知主義 - 人間をコンピュータにたとえて、人間の知的な振る舞いの詳細を明らかにしようとする考え方
状況主義 - 人間が「知的作業」を行う際に、他者との強調や道具の使用により遂行していくことに焦点を当てており、例えばOJTはこの考え方にもとづいて実施される

講義は忘れ去られる運命にある!?

一般に、人間の頭のなかの情報処理は「感覚登録器」「短期記憶」「長期記憶」の3つが連携して達成されていると言われている。

ミラーらは、人間が一度に記憶できるのは「7±2チャンク」であることを実験により明らかにした。

短期記憶にある情報を長期記憶に移行するためには、記憶を行う際に付加的な情報をつける「精緻化」のためのリハーサルなどの作業が必要になる。

これから記憶しようとするものの全体像(枠組み)である「先行オーガナイザー」を学習者があらかじめ把握していれば、その後に続く内容は、より意味のあるものとして記憶される可能性が高くなる。

協調学習は仲良しゲームじゃない!?

相互教授 − ある文章課題について学習者が交互に先生と生徒役になり、要約したり、質問したり、不明瞭な部分を明確にするよう促したり、予測したりするなどの役割を受け持ち、その役割のもとに交互に対話を繰り返し、理解を相互に推進させることを目的とした学習法
ジグソーメソッド − 各学習者がまったく異なる領域の知識をそれぞれに学び、それを互いに教えあい、統合するという学習方法

オトナの学び方

Learners are Practical - 大人の学習者は実利的である
Learners needs Motivation − 大人の学習者は動機を必要とする
Learners are Autonomous − 大人の学習者は自律的である
Learners needs Relevancy - 大人の学習者は関連性を必要とする
Learners are Goal-oriented - 大人の学習者は目的指向性が高い
Learners has life Experience - 大人の学習者には豊富な人生経験がある

物語を通して学ぶ

「論理・科学的様式」とは、普遍的な心理性と論理的一貫性を求め、簡潔な分析・理路整然とした仮設を導く思考様式である。一方、「物語様式」とは、「もっともらしさ(迫真性)」を求め、人間の意図や行為、人間の体験する苦境やドラマを含む出来事の変転を取り扱う思考形式のことである。